その10 短時間ウォーキングダイエット

この記事は2分で読めます

ウォーキング2

その10 短時間ウォーキングダイエットさて今回にダイエットはおなじみのウォーキングダイエットです。
でも他と一味違いますので是非、最後までお読みください。

ここでは自分のダイエットの報告的な感じで記事を書いていますが、
ウォーキングを続けていたのだけれだ、なかなか効果が現れなかった
と以前書いたと思います。

考えてみれば自分がやっていたウォーキングはせいぜい
3kmほどです。

いろんな人が結果を出しているウォーキングダイエットの
内容を調べてみると最低でも1時間、多い人は2時間という
時間を費やしていることがわかりました。

それに比べ自分はせいぜい30~40分くらいです。
結果が出にくいのはあたりまえでした。

しかもただ、散歩的なウォーキングではろくろくカロリーの
消費量をあげることはできないことも知りました。

ウォーキングダイエットでよく言われるのが早足で歩く
というものです。

そしてウォーキングに出かけると同じように歩いている人に
出会います。

そしてその歩き方は様々です。

大股で歩く人、腕を大きく振って歩く人、かと思えば、
ごく普通にのんべんだらりとガニ股で歩いている人など様々な
人を見かけます。

ウォーキング

私としてはとても2時間なんて歩けないし、時間ももったいない
わけで、効率のいい歩き方はないか探したわけです。

そこで肩甲骨を回しながら歩いたりしたわけですが、さすがに
人目のあるところではなかなかできません。

そこであるテレビ番組でわずか3分でお腹を凹ませることが
できる方法というのを見たのです。

それはひずんだからだをきちんとした姿勢にもどすことで
体系を正すものでした。

自分もやってみたのですが確かにお腹も凹みます。
ですがその姿勢をキープするのがとても負荷がかかるのです。

そこで、思いついたのが、その姿勢をキープして歩く方法です。
そうすることで同じ距離を歩いても、3倍体力を使うのです。

当然燃焼効果も高まります。

そしてその姿勢をキープする時間を多くすることで姿勢も
綺麗になり、一挙両得ではないかということになったのです。

それから実際に効果を実感することができ始めたのです。

その姿勢をキープする方法は文字で説明するには長く
なりそうなので次の記事でお伝えします。

このページとよく似たページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ごはん
  2. 腹筋2
  3. 脇腹ウォーキング3
  4. 体重計に上がる
  5. ビール2
  6. DSC02393
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ダイエットのお手伝いに

ダイエットをするときこそ栄養補給が必要です

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー